今さら聞けない “ うがい ” の方法

 

こんにちは、カラフルデイズの宮本行子です。

 

長引くコロナ禍の中、感染対策はすでに習慣化されていると思いますが。

このところ感染力が強いデルタ株が増えてきて、ちょっと怖いです。

なので、もう一度基本的な感染対策を見直しておきましょう。

 

今回のテーマ、「うがい」

手指の消毒や帰宅後の手洗いはするけど、「うがい」はどうですか?

ただコップに水で「ガラガラうがい」だけという方が多いのでは?

 

そもそも「うがい」の目的は、菌の侵入を口の段階で防ぐことにあります。

口や鼻は、外からのホコリや菌、ウィルスなどの侵入を防ぐフィルターの役割があります。

そこを有効に使いましょう。

 

結論から言うと

うがいは、2種類のダブルうがいで!

お口のケアの「クチュクチュうがい」

ノドのケアの「ガラガラうがい」

 

まずは、「クチュクチュうがい」でお口の中をきれいにしましょう。

食事の後に歯を磨く人が増えていますが、歯を磨く前に「クチュクチュうがい」をすると食べ残しなどを掃き出せるので歯磨きの効果もアップ出来ます。

そのあとに「ガラガラうがい」をのどの奥までしっかりと。

 

最後に、うがい薬のやりすぎは、口腔内の良い菌まで殺してしまう場合があります。

多くても1日2回程度(12時間おく感じで)にとどめておきましょう。

「うがい」は、予防で、治療ではありません。

でも、習慣にして良いことしかありません。

 

皆さん、ひとりひとりの予防が、まわりの大切な人を守ることになります。

一緒にがんばりましょう。