セラピスト 宮本行子(みやもといくこ)

 

7月5日生まれ かに座 B型 東京都出身
東京都出身、一人っ子なので少々生意気。
小学生から大人になるまで喘息の発作に悩まされる。
アレルギー性鼻炎があり、30代の時、漢方医に出会う前まで鼻詰まりがひどいので香水などは苦手であった。
そんな私がアロマセラピストになるなんて、人生はわからないものだと思う(笑)
高校卒業後、デザイン専門学校へ入学。グラフィックデザイナーとして約20年のキャリアを持つ。
結婚後フリーのデザイナーとして自宅で仕事をしていた時、肩こりから腕までしびれを感じマウスが持てなくなった。その時、不思議な縁が重なり、アロマテラピーを試してみることになる。
独学でセルフマッサージを三ヶ月ぐらい試したある日、肩がスッキリしていることに気づき、さらに身体の循環も良くなったことに気づく。
それをきっかけにアロマテラピーを学ぶことに。
アロマスクールで学んだリフレクソロジーに感銘をうけ、英国ベイリースクール東京校にリフレクソロジーを1年間学ぶことにする。
リフレクソロジーを学ぶうち、足の疾患は、体の内部の反応だけではなく、靴と歩行が関与しているのではないかと思い、青山フットケアアカデミーの自然療法フットケアにたどり着く。
当時、両足の母指球に痛い魚の目があったのをインソールを装着して緩和させた経験がある。その時、インソール+定期的な歩行の有用性を実感した。
アロマインストラクター取得後、5年を経てAEAJ認定のアロマセラピストを取得。
より深く体のケアについても学ぶことになる。
ベイリースクール時代、妊娠が発覚するも死産を経験、それがもとで母親が認知症になる。
2011年の東日本大震災の年、主人が心筋梗塞の手術を受ける。ケアマネージャーのすすめで母をグループホームに入所してもらうことに。
グループホームのスタッフに協力してもらい、アロマとリフレを駆使して介護にあたる。
およそ10年間、認知症の介護を経験する。
介護の合間、2009年から出来る範囲でのサロン活動を始める。
足から始めるトータルケアをコンセプトにした築60年の一軒家自宅サロン「カラフルデイズ」活動開始。
よりよい靴選びのアドバイスをするために2017年シューフィッターの勉強を始め、プライマリーとシニア専門シューフィッターの資格を取得する。

 

 

靴の大切さを知ってしまうと、やはり靴のアドバイスはかかせない。
サロンに来たお客様の靴を見て気になると、必ずアドバイスしてしまう。

特にささいなことだか、紐をゆるめに締めている方が多く、お帰りの際、きちんと紐を結んでさしあげると

「まるで別の靴みたい!」「歩きやすくなった!」と大好評。
足の健康を守るためには、足だけのケアではなく、靴選びが重要。
靴靴によって、歩き方も変わってしまうから。

人生100年時代と言われて、元気な方が増えている一方で、健康維持のために何かを続けるのは結構大変。

でも、靴は、どんな時でも履かなければならない、必要な道具。もし、「最近ちょっと足が…」とか、「靴が合わなくなった」など、ちょっと不安が出てきたときに足を見直しケアを始めてほしいと思う。

サロンでは、zoomを使った足と靴の無料相談を始めました。
少しでも不安がある方は、ご相談ください。

 

2003年 公益社団法人日本アロマ環境協会認定 アロマインストラクター取得
2004年 英国ベイリースクール認定 リフレクソロジスト取得
2008年 公益社団法人日本アロマ環境協会認定 アロマセラピスト取得
2008年 青山フットケアアカデミー認定 フットアドバイザー取得
2009年 カラフルデイズオープン
2017年 足と靴と健康協議会認定 シューフィッター取得
同年  シニア専門シューフィッター取得