ペタンコ靴が意外に疲れる理由とは

最近は、ヒール靴はめっきり履かなくなっちゃった。
歩きやすいのが一番よね♪
と思って購入したペタンコ靴
なのに、なんだか疲れる?
そう思ったことはありませんか?
こんにちは、足から健康を考えるセラピスト 宮本行子です。
ペタンコ靴は、靴底が薄く、歩行の衝撃を吸収できない構造になっています。
さらに靴自体が浅いものが多いので、足をしっかり支えられません。
だから、靴の中で足が安定しないのです。
それでも、足がすべらない構造になっているものもありますが、ほとんどの靴は、軽くて柔らかいのが特徴です。
軽くて柔らかい靴は、履きやすいと思っていませんか?
それは、間違いです。
ほとんどは、オシャレ靴ですから履くのはアスファルトの舗装された道。
軽くて柔らかい靴は、歩くたび衝撃がダイレクトに伝わるので疲れます。
さらに、かかとが柔らかかったり、足幅がゆったりしている靴は、一見履きやすく感じますが、歩いていると疲れます。
このタイプを選ぶ場合は、最低でも、かかとがしっかりしているものを選びましょう。
さらに靴自体が柔らかいものも避けた方が良いです。
どうしても履きたい人は、長い時間履くのは避けるようにしましょう。
また、帰ってきたら、マッサージやお風呂などで
足の血行をよくしてケアするようにしましょう。
【ペタンコ靴を履く時のポイント】
・ペタンコ靴は、靴底が薄く、足をしっかり支えられない構造なので疲れやすい。
・ペタンコ靴を選ぶときは、最低でもかかとがしっかりしているものを選ぶ
・つま先立ちでかかとが脱げてしまう場合はNG
・どうしても履きたい場合は、帰ってきたら足をケアしてあげましょう。