靴のかかとで足の疲れは変わります。

 

こんにちは、カラフルデイズの宮本行子です。

 

あなたが履いている靴のかかとは、固いですか?やわらかいですか?

 

靴のかかとで足の疲れは変わると言っても過言ではありません。

 

靴選びで重要なのは、かかと!

ますは、かかとに芯が入っているかどうかが重要です。

つまり、かかとが固いということです。

 

かかとが固いと靴ずれを起こすのでは?とよく言われるのですが、靴ずれを起こす原因は、かかとの固さではなく、高さや角度、そして足とサイズがあっていないことが主な原因です。

 

靴のかかとが足の疲れを左右するのはなぜでしょう。

 

それは、一歩踏み出す時、かかとから着地するからです。

かかとから着地した時、その足に全体重がかかります。

その時、それを支えているのが

履いている靴のかかとなのです。

かかとが柔らかいと、その瞬間に歩き方がぶれてしまいます。

 

私たちは一日に数千歩歩きますよね?

一歩ぶれれば、体はそれを補正しようとして、バランスを取ります。

つまりそれだけで体に余計な負担がかかるのです。

 

たとえば、ミュールやサンダル

普通の靴より、疲れるなぁと感じたことはありませんか?

 

かかとがあるかないか、かかとが固いかやわらかいか、それだけで足の疲れは変わるということです。

 

これからの靴選びは、ぜひ、かかとの固さもチェックしてくださいね。

 

そして、靴を履くときは、靴ベラを使う習慣をつけましょう。

靴ベラを使うと、かかとを傷めず、簡単に靴を履くことができます。

パンプスでも使ってみてください。