肩こりだって、足からケアするのが早道です。

私は昔、肩こりでした。

まぁ今でも肩こりですけど、そんなに辛くないです。

私の前職は、広告のデザイナーで一仕事終わるたび、ピップエレキバンを背骨にそって貼るか、バンテリンがお友達でした。

今は、姿勢に気を付けて、ストレッチをしたり、太極拳で体幹を整えたり、時々アロマのブレンドを肩に塗ったりしています。

私がセラピストの修行中、ボディートリートメントで上半身、下半身選ぶメニューの時は、絶対上半身を選んでいました。それは、肩こりがキツカッタからです。

でも、ある時、下半身にしてみたところ

あれあれ???

下半身なのに、肩が温かくなってきた!

これは何!?

そう思ったのが足に目覚めたきっかけでした。

その後、解剖学などを勉強し、ますます足の重要性に気づいていくのでした。重力がある限り、足からケアしていく方が効率が良いのです。

だって心臓から出た血液は、下へ下へと流れて行き、次は上へ上へと戻ってこなければなりません。

それを助けるのが筋肉の動き、そしてそれらを助けるのが足(足首から下の部分)になります。

足を動かすのに必要なのは、靴ですね。

足をうまく動かすには、足に合った靴選びが重要です。

足に合った靴を履いて歩くと、足が軽く感じます。すると足は思う方向にスイスイ進んでくれるのです。

でも、靴に違和感があると、身体は全身を使ってバランスをとるのです。
足の使い方、膝、腰、肩、首、目など総動員。

合わない靴で一日中歩いて疲れた経験ってあなたにもありますよね?
それは、全身で無理なバランスを取ってるから。

人間の身体は、ひとつだけを直せばいいってもんじゃありません。

でも、どこから直すかは、かなり大事です。

家も土台が弱ければ崩れてしまいます。

人間にとっての土台は、足です。

その足を支える道具が靴になります。

靴をファッションだけでなく、身体を守る道具という目で選ぶことが大事です。

もし、靴のお悩み、足のお悩みがあるという方は、放置せず、お気軽にご連絡ください。

足と靴のお悩みは、身体の不調につながる場合があるからです。

最後までお読みいただきありがとうございました。