カラフルデイズでは、「100歳だって元気で歩ける足づくり」をスローガンに、年を重ねても元気で楽しく生活するためのワークショップを不定期で開催しています。

健康になるためにさまざまな情報があふれています。
皆さんも色々なことを試していらっしゃることと思います。
その中で、どんな方でも必要なのが「足と靴」のことではないでしょうか。
足と靴は、私たちが生きている限り、どんな状態でも必要になってきます。

60代で足を悪くしてしまう方、100歳でも杖なしで歩ける方、この違いは何だと思いますか?

よく「年取ったから仕方ない」という声を聞きますが、実際はそうではありません。

年を重ねれば若い時とは違いますが、筋肉は、いくつになっても鍛えることが出来ます。

元気な高齢者とそうでない人の違いは、知識と予防を実践しているかどうかの違いなのです。


知識だけがあっても、実践しなければ体は衰えていくだけです。でも、知識がなければ方法もわからないし、対処の仕方もわかりませんよね。

足の健康は、まず自分で守ることが大切です。

足の健康は、皆さんの生活習慣に直結しており、他の病気のように、クスリや手術では治しきれない場合があるからです。

街を歩いていると、サイズの合わない、大き目の靴を履かれている方を多く見かけます。
ヒールで走って転んでしまう女性、杖をついているけど、合わない靴を履いている高齢者

もし少しでも足と靴の知識があれば、最低限、合うサイズの靴を探すことが出来、足への負担を軽くすることが出来ます。

合わない靴を長く履いていると、徐々に体のバランスが崩れていきます。
しかし、その前に、自分の足のサイズを測ったことがない方が大多数なのではと思います。

靴屋さんで足のサイズを測ってもらって靴を買ったのに、痛みが出た。
なぜでしょう?

それは、足のサイズ、特に横幅は、つねに変わっているからです。
足と靴の関係を知ることで靴選びが変わります。


ご自分の足がどんな状態か、なかなか靴屋さんでは調べてもらえません。
なかには、予約制で1時間ぐらいじっくり足、歩き方、靴選びをしてくださる靴屋さんがありますが、まだまだ足りないのが現状です。

この講座は、足と靴に関して最低限、これだけは知って欲しいこと。そしてご自身の足がどんな状態で、何が必要か、お話ししたいと思います。


現在募集中の講座は、ありません。
リニューアル準備中