靴を変えると何が変わるの?

街に出ると自然に視線は足元へ。
ここ数年スニーカーブームが続いています。
大人から子供までスニーカーを履くのが当たり前になりました。
その人気は、履きやすさと健康志向にあるのだと思います。
でも残念なことにスニーカーの選び方、履き方はまだまだです。

 

 

こんにちは、足から健康を考えるセラピスト 宮本行子です。

 

スニーカーを革靴よりワンサイズあげて選んでいませんか?
厳密に言えばサイズは目安でしかないのですが、スニーカーだからと言ってワンサイズあげる必要はありません。
スニーカーは、少しゆったり目に作られていますし、クッション性も良いので、同じサイズでも大丈夫です。
スニーカーは、パンプスと違い、紐や面ファスナーで足の甲の部分を支えるので少し大きくても履くことが出来ます。
でも、問題は、脱ぎ履きがラクに出来るように紐を緩く結ぶ方が多いということ。
たしかに面倒くさいですが、これはやらないと損です!

 

紐をきちんと結ぶだけで

●外反母趾の痛みが治った!

●足の疲れが改善された!

●魚の目が痛くなくなった!

●つまずかなくなった!

など、足の痛みや不調が改善されていきます。
特に疲れやすくなったなぁと感じたり、たくさん歩く時にぜひ試してみてください。
今までの靴と全然違うことを実感できると思いますよ。
足の疲れや痛みは、靴の履き方や選び方が原因なことが多いのです。
☑ 靴選びが下手
☑ 快適に履ける靴がない
☑ 自分のサイズがわからない、自信がない
☑ 医者に行っても異常なしと言われたけど、歩くと足に痛みが出る
☑ 外反母趾の痛みが出ている
☑ タコや魚の目が気になる、痛い
☑ 削っても同じところにタコや魚の目が出来てしまう
☑ 夕方になると足がむくむ
などなど、心当たりがある方は、靴の履き方や選び方を変える必要があるかもしれません。
また、間違った靴を履いていると、筋肉の使い方に偏りが出て間違った歩き方になってしまいます。
☑ 歩き方が気になる
☑ 靴の減りがアンバランス
☑ 膝が痛くなることがある
☑ 腰が痛くなることがある
などなど、心当たりがある方は、歩き方もチェックした方がよいかもしれません。
カラフルデイズのケアは、足の状態をみて、その方にあったケアをご案内します。

 

例:トータルフットケアの場合
具体的には、気になるお悩みをお聞きしてから
●足の状態(温度、湿度、肌の状態、アーチの状態、タコ魚の目など、指の状態、爪の状態など)
●足のサイズ(足長、足囲、足幅)
●バランスチェック(フットプリントで足裏の圧のかかり方、アーチの状態)
●歩行チェック(歩き方、柔軟性)
●フットアロマトリートメント
●やさしいタッチのリフレクソロジー
上記の内容を総合してケアの内容をご提案します。
トータルフットケアを受けると

●自分に合った靴が選べるようになる

●足に出来た角質やタコ・魚の目の原因と治し方がわかる。

●足の痛みの原因がわかりケアの方法がわかる。

●むくみの原因がわかり予防が出来るようになる。

●正しい歩き方の基本がわかる。

★まとめ

足にとって靴はなくてはならないものです。
普段何気なく選んで履いてる靴も選び方や履き方を変えるだけで足の痛みや疲れが軽減したりします。
またそれによって歩き方も改善されます。
正しい歩き方を覚えると見た目だけでなく、ダンスやスポーツの基本にも通じるものがあるので役に立ちます。

気になった方は、ご相談ください。